店長ご挨拶

名前
佐藤 眞弓
星座
蠍座
趣味
スキー
はじめまして!和みの風店長の佐藤 眞弓と申します。
数多くのネットショップの中から、ご来店頂きました
あなた様との貴重なご縁に、心より感謝申し上げます。

~☆~★~☆~【幸せはこぶ布ナプキン】~☆~★~☆~

一人でも多くの女性に、布ナプキンという素晴らしいアイテムを知って頂きたい。
そして「布ナプキン」を通じて「幸せをお届けしたい」という想いの元、日々奮闘しております♪

ストレスが多く、日用品にも食品にも、化学物質と使い捨てが当たり前のとても便利な日本ですが、
そんな不自然な現代生活に疑問を感じ、自然の素晴らしさ、生かされている日々の素晴らしさに
気が付かせてくれたのが「布ナプキン」でした。

私自身は、ずっとスキーの世界で活動していました。
一日中身体を冷やし、身体の怪我や不調も無視し、若さと気合いだけで頑張っていた毎日に、
結婚後、気が付けば子供を望めないからだになっていました。
 
子宮筋腫の手術時に、内膜症と不妊症も重度と判明した直後、奇跡的に一人娘を授かりました。
布ナプキンも、娘の保育園入園グッズ作りがきっかけで洋裁に目覚めたことが、
出会いの始まりになります。

生理がつらい方、お肌のトラブルに悩む方、治療で頑張っている方、
ただ【布に変える】という選択肢があります。
私は、このことを一人でも多くの女性にお伝えしたくて店を始めました。


作業所は長野県の過疎の山間部にあり、清涼な空気と水、すぐ近くの自宅庭からは
八ヶ岳が望める素敵な環境で、日々布ナプ作りにいそしんでいます。

自身の経験から、お仕事でからだを動かす方や、スポーツをされる方にも、
安心してお使い頂ける布ナプキンを作りたいと願っています♪

今後も、皆さまお一人様お一人様と一緒に、よりご満足頂ける「和みの風」になりたいです(^^)
ご意見やご要望などございましたら、お気軽にお声をお寄せ頂ければ、とても嬉しく思います♪

一人娘(現在10歳)の母と主婦業も兼業しながら、
自宅の6畳一間で、一人ではじめた店の運営ですが、

2014年3月にスタッフを迎え、村内に作業所も開設できました。
支え続けて頂いております皆さま方のお陰と、この場をお借りしまして、
心よりお礼申し上げます。

これからは、より地域に密着した地場産業的な小さな企業を目指しながら、
より良い布ナプキン作りと素材の開発に精進して参ります!

そして、皆さまに、より楽しいお買い物が出来ますよう頑張りますので、
どうぞ宜しくお願い致します。

~☆~★~☆~【和みの風のあゆみ】~☆~★~☆~

2009年10月 「和みの風」として活動開始
        地元での直販がメインでした。ご近所さま、ありがとうございますm(_ _)m

2010年 1月 ネットショップオープン   
     『一体型』のみ販売開始。夜用以外は、菱形形状でした。

2010年 6月 ホルダー&ハンカチタイプ発売
     肌面には、最上級のオーガニックコットン生地を採用
     一体型の『オーダー布ナプキン』受注生産開始

2011年 2月 布ナプキンハンドメイド用生地&素材の販売開始
     市場になかなか流通していない素材は、きっとお役に立てると思います(^^)

2011年 6月 『よもぎライナー』の受注生産開始
     よもぎ蒸しサロンさんとの共同開発です。

2011年11月 一体型肌面に、当店オリジナルのオーガニックコットン「フランネル生地」採用
     どうしても「最高!」と思える生地を使いたくて、生地屋さんにお願いしました。

2012年 6月 『ホルダー&ハンカチタイプ』のオーダー受付開始
     「オーダー布ナプキン」も、和みの風の大きな柱として方向転換を図ります。

2012年 7月 一体型の吸収体に「今治タオル」採用
     ホルダーのストレッチレースに、当店オリジナルレースを採用

2014年3月 「作業所」開設&スタッフを2名迎え、和みの風第2ステージ始動です!

2014年12月 待望の『亜麻生地』仕様の布ナプキン販売開始♪

2015年5月 北相木産の亜麻生地(リネン)を作ることが、村の元氣に繋がったら嬉しいと、
     村内で亜麻の試験栽培を始めます。

2016年4月 「亜麻栽培」が村の応援を受けることとなり、官民共同事業として前進し始めます。
           
~☆~★~☆~【店長(佐藤)のプロフィール】~☆~★~☆~

1969年 東京都小金井市生まれ(現在46歳)
   中学ではクラブ活動で管弦楽団でヴァイオリン担当。音楽大好きです♪
   高校から本格的にスキーの世界に入ります。
   大学は、数学嫌いの私がなぜか理系に進みます。

1992年 新卒後、大手電機メーカーに総合職で就職しますが、
   スキーのために2年ほどで自己都合退職。
   その後、冬は選手を目指しながら、スキーインストラクターで生計を立てて、
   オフシーズンは様々な職業を体験します。

2003年 結婚を機に、今の長野県北相木村に移住します。
   翌年、特大の子宮筋腫発見し、開腹手術で内膜症と不妊症も重度と判明しましたが、
   奇跡的に、手術直後に娘を授かります。

2009年 娘の保育園入園グッズ作成と共に洋裁に目覚め、半年後に布ナプキンを自作し、
   出産後にまたひどくなり始めた生理痛が激減し、使い心地と共に、感動しました!
     
   なぜ「布」に変えただけで?と不思議に思い、色々と調べたところ、
   紙(ケミカル)ナプキンの様々な弊害を知ることとなり、
   「布ナプキンを伝える側になろう!」と人生最大の決意をしました!