どうしても、モレやズレが気になる方へ。。。
もしくは、初めての使用でモレてしまった方に。


 【布ナプキン】が、心にも身体にも、そして、環境にも良いことは分かったけれど。。。
初めて布ナプキンを使うには、どうしても【モレ】や【ズレ】が気になって、今一歩踏み出せない方に、
お客様の実例や、私、店長の経験などからご説明致します(^^)

初めは誰でも不安ですが、ちょっとしたコツを掴めば、自然な「布」の吸収に、
すぐに慣れて来ますよ♪

   
★【モレ】について

「私、とても量が多いから、布なんて、不安だわ!」
「仕事で長時間交換できないから、無理よね。。。」

という方は、『布』だけで頑張らないで、
布ナプキンの下に紙ナプキンを敷いて
使ってみるのは、いかがでしょう??

今まで使っていた紙(ケミカル)ナプキンも併用して、

【お肌に布が当たるように】工夫すれば、
モレの心配も、経皮毒の心配も少なくて
安心出来ますよ(^_^)

☆使ってみたけれど、モレてしまった方へ。。。(T_T)
その原因と対策を考えてみます。

1.単純に、布ナプキンの【布の吸収量】を超えてしまったので、下から貫通モレしてしまった。

 →吸収生地の容量を超えてしまった場合、一体型の場合は、
  布ナプキンの中の横方向から漏れてしまう可能性があります。
  もっと容量を超えた場合には、透湿防水布を越えて貫通モレも考えられます。

※対策※
 当店の一体型布ナプキンは、通常よりも少し多めの吸収量を基準にお作りしておりますが、
 (店長が、元々量が多く、紙(ケミカル)ナプキン時代に失敗を繰り返していますので、
 皆さまには悲しい思いをして欲しくなく、改良を重ねています。)

 やはり、経血の量には、個人差がございます。
 大体、それぞれのサイズで、2~3時間以内に交換をして頂くことが目安ですが、
 それでもモレてしまった場合には、交換時間を短くしてみてください。

 布ナプキンを使い続けますと、量が普通に落ち着いてくるというご報告が多数ございます。
 布ナプキンになれてくる頃には、通常の交換時間で対応出来ることも、予想されます。

2.【予洗い】が不十分で、肌面生地の経血吸収が間に合わず、表面から横に漏れてしまった。

 →もう2~3回、アルカリウォッシュや洗剤にて洗って頂き、しっかりと
  肌面生地のコットン油分を取り除いて頂きますと、
  生地の吸収力が十分発揮され、問題無くなると思います。

3.【ショーツ】が少し頼りなく、お肌と布ナプキンの間から漏れてしまった。

 →布ナプキンは、紙(ケミカル)ナプキンよりも、厚みも重さもありますので、
  しっかりしたサニタリーショーツをお使い頂くことをお勧め致します。
  (ショーツについては、下の【ズレ】の項目で、お勧めメーカーさんを記載してあります。)

4.経血量の予想が着かず、心配な際には。。。

 →【ホルダー&ハンカチタイプ】をお使い頂きますと、吸収生地が外に出ていますので、
  経血の量や状態が一目で確認できます。

  
  当店の2枚仕立てでも、1時間でも持たないという量でしたら、かなり多い方と思われます。
  その際には、慣れるまで、紙(ケミカル)ナプキンを下に敷いたり、
  交換時間を短くするなどの工夫をお勧め致します。

★【ズレ】について

『布』は、薬品を使用した高性能紙(ケミカル)ナプキンのように薄くは作れません。
吸収量を確保するには、物理的に布を重ねますので、厚みと大きさが必要です。

布ナプキンを、ズレない形状に作ってはありますが、一番肝心なのは、
【ショーツ】です!!

しっかり布ナプキンをホールドしてくれて、綿素材で肌触りも優しい、
素敵なお勧めショーツは、当店内で販売しております。

詳しくは、こちらの『サニタリーショーツ』コーナーをご覧くださいませ。
 
無理せず、安心して、楽しく、マイペースに、布ナプキンを使い続けられるといいですね♪

 何よりも、あなた様の大切な心と身体のために。。。☆