【布ナプキンが出来るまで】

完成品の布ナプキンをお手に取ると
「見えない中身って、どうなっているんだろ。。。?」 気になりますよね?

布ナプ用のハンドメイド用品が欲しい方は、
「初めてなんだけど、どうやって作るのかしら?」 わかりませんよね?

そこで、店長ブログでは、皆さまからのお声にお答えして、
とても詳しく【布ナプキンの作り方】を、ご説明しましたが、
こちらのページでも、簡単ではありますが、ご紹介したいと思います☆

店長ブログで、詳細をご覧頂きたい方は、こちらの【布ナプ作りご紹介】テーマ一覧から、
お好きなステップをご覧くださいませ。

では、前置きが長くなりましたが、布ナプ作りの道具のご紹介から参りましょう。

<道具のご紹介>
職業用ミシン 直線縫い専用の、【職業用ミシン】
ジャノメの「HS-70」です。

夜用の厚い箇所も、ガシガシ縫い進めてくれる、
とても心強い相棒です。
ロックミシン 縁かがり用の【ロックミシン】
ベビーロックの「BL57-EX」です。

一体型の内部吸収体の縁かがりや、
ハンカチタイプの2枚仕立てのワッフル生地の
縁取りに大活躍です。
はさみあると便利な【小道具】たちです。
使い方は、下の作り方でもご覧くださいね。

手前左から。。。
【ロータリーカッター】→下に敷いている、
 緑の「カッティングマット」とセットで使います。
【カットワークはさみ】→少し細かい作業に向いています。
【ピンキングはさみ】→サイズタグなどを
 ギザギザにカットします。
【ハンドクリップ】(奥)→縁取りの必須アイテムです!
ハンドプレススナップを取り付けるための工具
【ハンドプレス機】です。

手前にある「駒」を交換することで、金属製、プラスチック製
どちらのスナップも取り付けることが出来ます。
ちなみに、写真の「駒」は、金属製用です。

最後の工程で、付け間違えないよう、
いつも緊張します(^_^;)

<作り方のご紹介>

ライナーから夜用までサイズに関わらず、1枚完成に1時間以上掛かっています。
心を込めて、丁寧に、皆さまの笑顔を想いながら、お作りしております。

店長が独自に考え出した手法などもありますので、
「これは洋裁としてどうなの?」というところもあるかもしれませんが、
より綺麗に丁寧にお作りするための工夫と思って頂けますと、有り難く思います(*^_^*)

ここでは、【一体型Mサイズ】の写真で、ご説明致します。 
全ての各工程(裁断やミシンがけ)の後、必ず丁寧に『アイロンがけ』を行います。

※洋裁に関する基本的な知識などは、こちらではお話ししませんが、ご了承くださいませ。
裁断① 水通し
透湿防水布以外の生地を、全て水通しします。

② 裁断
本体生地、吸収生地、それぞれ、全て
ロータリーカッターを使い、手作業で裁断します。
吸収体作り③ 吸収体作り

吸収体のフランネル生地と、パイル生地を重ね、
ロックミシンで周囲をかがります。
 
パイル生地の糸くずが大量に出てきて、
意外と大変な作業です(汗)
糸くずも、しっかり払い落とします。
縫い付け④ 吸収体の縫い付け

周囲をかがって出来上がった吸収体を、
全面フランネル生地に縫い付けます。

※ここでも、カッティングマットの1センチマス目は
 活躍します。
 
全面生地の真ん中に、きちんと位置するよう、
丁寧にまち針で留めてから、ミシンがけです。
各生地⑤ 各生地を重ねる順番

写真左側から、
肌面生地(フランネルやモクロディ生地)
→吸収体を縫い付けた全面吸収生地
→透湿防水布
→ダブルガーゼ生地
この順番で、重ねます。
縫い合わせ⑥ 縫い合わせ

⑤の順番に重ねた生地を、縫い合わせます。
ここから、「ハンドクリップ」の登場です。
素材の違う各生地がずれないよう、
慎重に丁寧に縫い合わせていきます。

特に、ダブルガーゼは柔らかい生地なので、
ずれないよう、注意が必要です。
縫い合わせ完了⑦ 縫い合わせ完了

この様に、ダブルガーゼにしわが無く
綺麗に縫い合わせが出来ると、
完成も綺麗になります♪

※これ以降のアイロンがけは、透湿防水布が
 変質しないよう、周囲だけ慎重に掛けます。
バイアステープの縁取り⑧バイアステープ縁取り(肌面から)

肌面側から、バイアステープを、本体生地に沿わせます。
ここで、テープの素材と、布ナプキン本体の凹凸カーブ
に合わせて、テープの伸ばし具合を微妙に調整します。
 
布ナプキン1枚に付き、サイズによって、
30~40個ほど、ハンドクリップを使います。
バイアステープ縫い付け⑨ バイアステープ縫い付け

⑧で沿わせたバイアステープを、
生地の伸縮具合をそのまま維持できるように、
丁寧にミシンを掛けます。
 
数針毎に押さえ金を上げて、
テープを整えながら、ゆっくり慎重に縫います。
バイアステープ表⑩ バイアステープ縁取り(ガーゼ側から)

肌面側から縫い付けたバイアステープを、
クルッとダブルガーゼ側に返します。
 
布ナプキン本体生地を、バイアステープで全て
包んだ状態で、この様にハンドクリップで留めます。

サイズタグとお店のタグも、この時差し込みます。
表ミシンがけ⑪ 表側からミシンがけ

最後に、ダブルガーゼ側から、ミシンを掛けます。

⑨で縫った糸ギリギリのところに、バイアステープの
端が来るように調整しながら、肌面のテープ端から
針が落ちない(内側に)よう、慎重に針を進めます。

このときのミシン糸は、中心がポリエステル、
外側を綿で巻いてある、少し特殊な糸を使っています。
強度は保ちながら、お肌への負担を減らしてくれます。

※糸の色数が少ないので、全ての布ナプキンに
 は使えていません。
バイアステープ完成⑫ 本体完成!

ようやく布ナプキン本体が完成しました!
この様に、二度縫いでバイアステープを
縫い付けることで、肌面の段差を少なくしています。

最後のアイロンがけは、特に丁寧に。

素敵なご主人様(ご注文)が現れるまで、
在庫棚で出番を待ちます。。。(*^_^*)
スナップ付け⑬ スナップ付け

ご注文を頂いてから、金属製orプラスチック製の
スナップを取り付けます。
(写真はプラスチック製スナップの様子です)
緊張の一瞬です(>_<)

この様に、上と下から、駒に取り付けた
スナップで挟んで「カシャン」と、挟み込みます。


【布ナプキンの出来るまで】。。。いかがでしたでしょうか?

皆さまに、末永く、快適に楽しくご愛用頂けますように、
素材や形状、構造も工夫を重ね、耐久性も抜群のバイアステープ仕様です。
 
もっと多くの皆さまにお届けしたいという気持ちとは裏腹に、
大量生産が出来ない方法で、もどかしい想いもありますが、

和みの風では、今後とも、使う方の楽しさ、快適さを第一に、
時間とコストの掛かる製法にこだわって行きたいと、思っておりますm(_ _)m


 ※ご注意※
 商用目的での商品や写真のコピーは、ご遠慮頂いておりますので、
 何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。